single

初心者におすすめなドローンスクールと機種を紹介!価格や規制も合わせて

eye
「ドローンをやってみたい!でもどうやって?学べる場所はある?規制とかは面倒くさい?」
といった疑問を
過去にドローンの買取バイヤーとして働いていたわたしタケダが

✅おすすめのドローンスクール
✅ドローン規制の概要
✅初心者におすすめのドローン機種

といった内容でお答えします。

おすすめのドローンスクール(教室)

ドローンを始めたい!という方にとってどうやって上達すればよいのか分からない方も多いと思います。

手探りのまま見よう見まねで練習するのも良いですが、早く上達するならスクールに通うのが良いでしょう◎

ドローンスクールジャパン埼玉浦和校


JR埼京線、中浦和駅から歩いて10分の場所という好立地にあるドローンスクールです。

体験コース=30分3,000円~
農業の方の農薬散布コース=7日416,000円~

といった初心者の方から企業で活用するプロの操縦士まで様々なコースで技能習得が可能です。

完全アフターフォロー型の学校で、卒業後も無料で飛行練習を行えたり、インストラクターに質問をする事が出来るのでわからないことが出てきたり、ちょっと飛ばして練習したいなという時には最適です◎

フライト(趣味の方向け)
ビジネスコース(ビジネスに活用したい方向け)

を受講の場合には下記の特典が付きます。

✅宿泊制度(宿泊費負担)
✅練習場無料貸し出し
✅高速代金全額負担
✅飛行申請書類作成アドバイス
✅最寄り駅からのタクシー代負担
✅期待購入時の初期セットアップサービス
※特典には条件がある場合が御座います。

これだけのお得な特典がついていれば練習に集中できそうですね◎

ドローンに特化した就職のバックアップも行ってくれるので趣味として学びつつも仕事として活用したい場合にはおすすめです。

住所:〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀三丁目22番16号
Tel:048-767-3547
受付時間:9:30-18:00(※土日祝日も営業)


ドローングローバルスクール泉大津校

dgs
南海本線『泉大津駅』より徒歩5分という好立地な場所で天候に左右されない練習場でトレーニングを積むことができます。

安全運航基礎講座=1日50,000円~
最短4日間で10時間以上の飛行経験と、国土交通省の認定資格の取得が可能になる技能認証資格取得コース=4日250,000円

のコースと初心者でも本格的な操縦士になれるプランが用意されています。

夜からの受講も可能なので仕事帰りにちょっとだけ練習しておきたいなんていうことも可能です◎

アフターフォローとして操縦無料チケット月2時間×6か月分(インストラクター付き)があるので卒業後も安心して利用することができます◎

住所:〒595-0036 大阪府泉大津市昭和町11-1
Tel:0725-58-7605
受付時間:平日 10時~18時


パシフィックドローンスクール

pds2018
トヨタ本社近くのドローンスクールです。
女性インストラクターが在籍しており、女性の方の生徒さんも数多くいるので安心してトレーニングすることができます。

チャレンジコース=1.5日50,000円~
ビジネスコース=4日200,000円のコース

と初心者からプロを目指す方までしっかりと学ぶことが出来ます。

インストラクターとマンツーマンで学ぶ2時間20,000円のコースもあるので、飛行時間が足りない方や飛行申請するための夜間練習、目視外飛行訓練などの場合には重宝できるでしょう。

住所:愛知県豊田市前山町4-5-4
Tel:0565-24-8060
受付時間:平日 9時~22時


ドローンテックアカデミー

drone-tac
卒業後にすぐにドローンを活用できるようになる為のカリキュラムを用意しているドローンテックアカデミー。

習得したい分野に特化したコースが用意されており、全てのコースで現役のコーチが指導してくれます。

フライト技術コース=3日間200,000円
操縦技術やカメラの操作、電波法や航空法などの法律や規制関連など網羅的に学ぶことが出来ます。

フライト技術コースを修了するだけでも十分に実用化が可能です。

このコースに加えてオプションで

✅自動フライト技術コース=2日間100,000円
✅撮影技術コース=2日間200,000円
✅地形測定コース=2日間200,000円
✅農業技術コース=2日間200,000円

を追加することができ、修了後の実務に合った実践的な技能を学ぶことが出来ます。

住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神5丁目9-2-607
Tel:050-1090-7103
受付時間:月~金 9~17時 ※土日祝休


初心者におすすめドローンはコレだ!

DJI Mavic Mini


発売と同時に注文が殺到し一時品切れ状態を起こしたMavic Mini。
199gと航空法の適応外のトイドローンに属し、誰でもカンタンに飛ばせるということで大ヒットとなりました。

トイドローンですが、さすが世界のDJIの作るドローンで、他の200g以下のドローンとはカメラや安定性などは次元が違い、しっかりとした安定感のある飛行と操作性、おもちゃとは言えない画質など、素晴らしいモデルです◎


DJI Spark Fly More コンボ


手のひらサイズのDJI Sparkですが300gなのでトイドローンには属しません。
しかしコンパクトでシャープなデザインと可愛らしさもあるスパークは人気があり手軽に手に出来るモデルです。

操作も簡単である程度の撮影がプログラムされているので初心者でも気軽に遊ぶ事が出来るので入門編としては十分に楽しみながら練習することが出来るでしょう。


DJI Mavic 2 Pro


初めから本格的なドローンを始めたい!という方にはMavic 2 Proをおすすめします。

値段は少々高めのドローンですが操作性・画質・撮影後の編集などがとてもやりやすく、非常に良く売れているドローンです。

DJI GO4というアプリを使って操作することができるので初心者の方でもある程度知識がつけば簡単に飛ばすことが出来ます。
大きさは少しありますがドローン感を十分に味わうことができ、飛ばすとトイドローンと比較してもしっかり手応えを味わえます。

露光でもブレを感じさせない撮影は素晴らしい!の一言です。

こちらのドローンを活用する場合には飛行許可を取った上で
✅夜間飛行
✅目視外飛行
などで活用するとよりMavic 2 Proの凄さを実感することが出来ます。


ドローンを飛ばす際の規制を知っておこう!

ドローン(無人航空機)を飛ばす場合、航空法や飛行方法によって厳しく規制されています。

知らずに飛ばしてしまうと法律違反になってしまう可能性もあるので、
しっかりと頭に入れて楽しむようにしましょう◎

飛行禁止空域

kinsi
出典:国土交通省

上記3カ所は見ての通り「危険なので飛ばすの禁止」ということです。

人家の密集地帯=人口密度が多い所ですね。

どれくらいの場所がダメなの?という場合は下記地図にて確認ができます。

[人口集中地区(DID)]

DID
赤くなっている所はほとんどアウトです。

地図上では赤の場合でも、認可を受けた場所などは飛行可能です。
そういった場所を探す場合は下記サイトでも探すことが可能です。

 

[DJI 安全飛行フライトマップ]

DJI
赤くなっている地域でもドローンを専門的に飛ばせる箇所や場所を探すことができます。

都内に住んでるとわざわざ何時間もかけて田舎の方へ行くのはつらい…という方にはおすすめです。

飛行の方法

houhou
出典:国土交通省

上記のように色々な決まり事がありますが全て常識の範囲内の事なのでしっかり守りましょう◎

☑飛ばせるのは日の出から日没まで
☑飛んでいる所を目視できないなら飛ばしたらダメ
☑全ての物や人から30m以上の距離を保ってね
☑お祭りやコンサート会場など催事場での飛行は禁止(落ちたら怪我するからね)
☑凶器や爆発物を運んだらダメだよ(運んでたら捕まるよ)
☑ドローンから物を落とす行為

 

電波法の落とし穴

giteki
日本で飛ばす場合には「2.4GHz帯」の電波帯で飛ばす必要があり、本体に技適マークが必要となります。

上記の様なマークが入っていないドローンは日本の電波法から外れているので飛ばしたら違法となります。
海外サイトやお店から購入したドローンの場合、技適マークがない可能性があるので注意しましょう。

自治体毎の条例など(一例)

200g以下のトイドローンは対象外

200g以下のドローンであれば規制はありません。

しかし、普通に大空を羽ばたいて楽しみたい場合にはほとんどのドローンが200gを超えるので規制の事は頭に入れておきましょう。

※しかし航空法の適応外と言えども、「何処でも飛ばせる」というのは少し間違っていて、場所によっては飛ばすことが出来ません。
都内だとほとんどの場所で飛行禁止となっています。
都道府県や自治体によっては200g以下のドローンも全面的に飛ばしたらダメな可能性もあるので注意してください。

おすすめのドローンスクールと機種のまとめ

ドローンを自由に使いこなすには

✅飛行訓練
✅技術の習得
✅自分に合ったモデル(機種)を選ぶ
✅規制を念頭に置いておく

が必要です。

現在発売されている機種は誰でもカンタンに飛ばすことが出来るようにプログラミングされています。
しかし、規制に引っ掛かってしまうと罰せられる場合もあるので十分に注意をして楽しいドローンライフを送りましょう◎

コメントは受け付けていません。



人気記事ランキング

まだデータがありません。