single

フェンダー(fender)の買取価格と高く売るためのコツを解説!

eye2
世界的な楽器メーカーとして知られるフェンダー(fender)社のギター・ベース・アンプ。
売却するとどれくらいの価格になるのでしょうか?

今回はフェンダーギターの売却をお考えの方に向けて、
買取価格相場や高く売るためのポイントをご紹介します。
 

フェンダー(Fender)の魅力

フェンダー(Fender)は長い歴史を持つ楽器メーカーです。
フェンダーの前身となる会社は1938年に立ち上げられており、もともとは音響機器やラジオを扱う会社でした。
その後楽器の製造をスタートさせ、世界的な人気と知名度を誇る楽器メーカーに成長しました。

テレキャスターやストラトキャスターなど、革新的なギターを生み出したことがフェンダーの大きな功績です。
どちらもエレキギターのスタンダードといえるほどの人気を誇り、世界中で販売されています。
音楽シーンに与えた影響も大きく、世界的なアーティストも愛用してきました。

フェンダーは世界的なブランドであり人気も高いため、中古でも買取需要があります。
人気モデルや市場にあまり出回らない希少なギターだと、特に高値がつきやすい傾向にあります。

フェンダーを売るなら一括査定がおススメ

satesuru logo
1社にしか査定依頼しないケースだと安く買い叩かれてしまう恐れがあります。
比較対象がないため提示された金額が適正かどうかもわからないでしょう。
複数の業者へ依頼すれば、もっとも高値をつけてくれたところへ売却できるため効率的です。

ただし複数の業者からそれぞれ査定してもらうのでは手間や時間がかかります。
一括査定サービスのサテスル!なら、一度に複数の業者へ査定の依頼が可能です。

また、全国対応で宅配や店頭、出張買取などにも対応してもらえるため、都合に合わせた売却ができます。
サービスの利用料も無料で、余計な費用がかかりません。

フェンダー製品を手間なく高く売りたい方は、ぜひ出品してみましょう。

フェンダーの参考買取価格を知ろう!

フェンダーには、フェンダージャパンとフェンダーUSA、フェンダーメキシコの3つがあります。
それぞれ扱っているギターが異なり、買取価格なども違ってきます。
続いては、フェンダーの代表的なモデルと買取相場をご紹介します。

フェンダージャパンの買取価格相場

フェンダーUSAの子会社として誕生したのがフェンダージャパンです。
もともとは、日本国内における違法なコピーギターへの対策と、廉価版ギターを販売するために設立されたブランドです。
すでにブランドそのものは存在しないのですが、本家に匹敵するクオリティのギターをリーズナブルな価格で提供していました。

AST

ボディ材にバスウッド、指板にローズウッドを使用したモデルです。
中古市場では30,000~36,000円程度で取引されることが多い傾向にあります。


AST-M/SSH

ASTと同様にボディには軽量なバスウッド材を使用しています。
ミディアムスケールを採用し演奏性も向上させたモデル。
買取相場は36,000円前後です。


IKEBE ORIGINAL HST-72 FRT/HSH

イケベ楽器とのコラボによって誕生したオリジナルモデルです。
ボディにはアッシュ、指板はローズウッド、ネックにはメイプルを使用しています。
買取相場は60,000~64,000円程度です。


HJG66 IV

こちらもイケベ楽器のオリジナルモデルです。
ハムバッカーを2基搭載し、一般的なジャガーとは一線を画すパワーを持たせたモデル。
買取相場は48,000~50,000円程度です。


Classic 60s Jazzmaster(ジャズマスター)

ボディにアルダー、ネックにメイプル、指板にローズウッドを採用したジャズマスターのリイシューモデルです。
中古市場では26,000~45,000円程度で取引されています。



フェンダーUSAの買取価格相場

一般的にフェンダーといえば、このUSAを指すことがほとんどです。
フェンダー社には本来USAという呼称はつきませんが、ジャパンと区別するためにフェンダーUSAと呼ばれています。
アメリカのカリフォルニアでギターの生産を行っており、世界的なアーティストのシグネチャーモデルも数多くリリースしてきました。
アメリカンプロフェッショナル、アメリカンエリートなどのシリーズがあります。

American Deluxe Stratocaster N3(ストラトキャスター)

究極のサウンド・クオリティ・スペックを追及し続けたシリーズで、ボディにアルダー、指板にはローズウッドを採用しています。
ネック裏にはサテンフィニッシュを採用しているのも特徴です。
44,000~85,000円程度で取引されています。


アメリカンデラックス Telecaster Noiseless(テレキャスター)

コンパウンド・ラジアスと呼ばれる設計を採用し、演奏性を向上させているのが特徴です。
ノイズレス設計によりノイズを可能な限りカットできているのもポイント。
買取相場は45,000~65,000円程度です。


John Mayer Stratocaster(ストラトキャスター)

現代の3大ギタリストの1人ともいわれる世界的ギタリスト、ジョン・メイヤーのシグネチャーモデルです。
買取相場の目安は70,000~80,000円程度です。


Johnny Marr Jaguar(ジャガー)

ロックシーンに大きな影響を与えたギタリスト、ジョニー・マー(The Smith)のシグネチャーモデルです。
本人のサインがデザインされたモデルのため、熱狂的なファンからの買取需要も期待できます。
中古市場では70,000~90,000円ほどで取引されています。


Eric Johnson Stratocaster(ストラトキャスター)

エリック・ジョンソンの希望を細部まで反映させたシグネチャーで、
本人が調整したピックアップを搭載するなど特別な仕様になっています。
買取価格は70,000~100,000円程度が相場です。


フェンダーメキシコの買取価格相場

フェンダー社が管理するメキシコの工場で製造されているフェンダーギターのシリーズは、
ジャパン、USAなどに対して通称「フェンダーメキシコ」と呼ばれています。
スタンダードやデラックスなど、エントリーモデルの多くはメキシコの工場で製造されています。

Blacktop Jaguar 90(ジャガー)

Cシェイプのネックとジャンボフレットを採用し、90シングルコイルピックアップを搭載したモデルです。
買取価格は20,000~22,000円程度が相場です。


Cabronita Telecaster(テレキャスター)

テレキャスターシェイプをベースにした独特のヴィジュアルで人気を博したモデルです。
中古市場では20,000~33,000円程度で取引されていますが、同シリーズのアニバーサリー版だと50,000円前後になることもあります。


Classic Player 50s Stratocaster(ストラトキャスター)

ヴィンテージスタイルのピックアップを搭載したモデルです。
50年代に生産されたストラトの特徴を再現しています。
買取価格は33,000~45,000円が相場ですが、限定モデルの60th Anniversaryでは46,000~60,000円ほどになることもあります。


Classic Series 72(クラシックシリーズ)

フェンダー社が70年代の前半にリリースしたモデルを模しています。
ボディにはアルダー、指板にはメイプルを使用しており、ハムバッカーを2基搭載しています。
買取相場は25,000~35,000円が一般的です。


Deluxe Lone Star Stratocaster(ストラトキャスター)

ミディアムジャンボフレットにCシェイプネックを採用し演奏性を向上させたモデルです。
ピックアップにはFender Twin Headを搭載し、パワフルなサウンドメイクを可能にしています。
買取市場の相場は30,000円前後で取引されています。

高値で買取してもらうためのコツとは

フェンダーのギターを少しでも高値で売却するには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。
査定に出す前に、基本的なポイントと高く売るコツを覚えておきましょう!

クリーニングをした状態にしておく

ギターを磨く専用のクリーナーやクロスを使ってキレイな状態にしておきましょう。
ボディの表面はもちろん、ヘッドや指板も磨いておくことです。
フレットやピックアップ、スイッチ類の周辺も汚れが溜まりやすいのでキレイにクリーニングしましょう。

ペグやジャックなど金属部分にサビがある場合、しっかり落としておくとプラス査定になりやすいです。
見落としやすい部分なのでしっかりチェックしましょう。
また、ボディやネックにステッカーを貼っている場合は、キレイに剥がしておくことをおすすめします。

付属品(保証証や説明書含む)などを揃えておく

できるだけ新品購入時の状態にして査定を受けるのが高値で売却するコツです。
ケースや保証書、説明書、ロッド調整用のレンチなどをすべて揃えておきましょう。
ケースや保証書がボロボロになっていても、あるだけでプラス査定になることがあるので、状態が悪くても一緒に査定を受けるのが基本です。

純正パーツを社外品に交換していると、機種によってはマイナス査定になる可能性があります。
純正品を保管しているのなら一緒に売るようにしましょう。

フェンダーの中でも高値で売れるのはエレキギター

世界的に人気のあるフェンダー社のギターを中古でも手にしたいと考える方は大勢います。
特にエレキギターは、安価なモデルが多いアコースティックギターより高値で売れる可能性が高いでしょう。
古いモデルでもヴィンテージとしての価値が高いものもあるので、諦めずに一度査定に出してみましょう。

買取の専門家に査定を受ける

リサイクルショップでも楽器の買取をしてくれますが、専門的な知識を持たないスタッフが鑑定を行う可能性があります。
この場合、楽器本来の価値を正しく見極められず、安く買い叩かれてしまう可能性が否めません。
そのため、楽器を少しでも高値で売りたいのなら買取の専門家に査定を依頼するのがおすすめです。

フェンダー(Fender)買取のまとめ

フェンダーのギターなら高値での買取が期待できますが、そのためには複数業者に査定をしてもらうことが前提です。
安く買い叩かれることを防ぎ、相場もわかるので、売りたいギターがあるのならまずは一括査定などで複数社に査定を受けてみましょう。

査定サービスは無料で利用できるため、今すぐ売るわけではなくても、とりあえず概算だけ知りたい場合でも役立ちます!
いずれ売却する予定があるのなら、現状での価値を把握するためにも査定サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。



人気記事ランキング

まだデータがありません。